温泉力

ブログトップ

カテゴリ:未分類( 3 )

温泉力44 /// 三種の神器と荒湯の洗濯場 ///

b0145826_09816.jpg以前に、話題を呼んだ映画『ALWAYS三丁目の夕日』のDVDの新聞全面広告が載っていた。

日本が、湯村が、これからの高度成長を迎え一番輝いている時である。その中に『三種の神器』という言葉がでてくる。

最近の三種の神器と聞くと「薄型テレビ」、「DVDレコーダー」、「デジタルカメラ」の事を言うらしいが、本来の三種の神器(天皇の位の証(あかし)とされる三種の神器である八咫(やたの)鏡・草薙(くさなぎ)剣・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)になぞらえて、みんなが欲しがる高級耐久消費財から3種を選び、三種の神器と呼ぶようになった。

b0145826_012171.jpg少しづつ遡って行くと三種の神器には、次のようなものがある。
「薄型テレビ」、「DVDレコーダー」、「デジタルカメラ」(現在の三種の神器)
「パソコン」、「携帯電話」、「カーナビ」(平成の三種の神器)
「カラーテレビ」、「クーラー」、「カー(自家用車)」(3Cと言われていた昭和後半)
そして一番最初に『三種の神器』と言われて高価だが憧れだった、「白黒テレビ」、「電気洗濯機」、「電気冷蔵庫」(昭和30年代)を思い出す。

その三種の神器だが、こんな面白い話がある。

b0145826_0122660.jpg子供の頃の湯村温泉では、なぜか「電気洗濯機」の普及だけが遅れていた。

それは荒湯の下に洗濯場があったからだ。洗濯場は足湯前の水路のコンクリートのとこで、早朝や夕方、割烹着を着た主婦が数珠繋ぎに並んで洗濯をしていた。

たらい・洗濯石鹸を持ってきて、洗濯板がわりのコンクリートでゴシゴシと洗濯をしながら、井戸端会議ならぬ川端会議をしていた。

荒湯の洗濯場は温泉が流れて川の水と混ざって冬でも暖かいし、温泉の重層成分で白くなり、ふぁあ~と柔らかくなる。しかも電気代もいらないし、「電気洗濯機」を買うこともいらないのだ。

荒湯の洗濯場ではルールが存在した。
綺麗なものから川上で洗い、汚いものは川下で洗うということだ。(ある程度、年の順番に並ぶルールも存在した?いわいる荒湯洗濯デビュー)つまりハンカチ・ワイシャツなどの白物は上で、赤ちゃんの布オシメは川下で洗っていたのだ。

平成になると洗濯場で洗う人はなくなり、観光のイメージとして撮影されるだけとなった。洗濯機の普及とともに、人と人との触れ合いと湯村の文化ががまた一つなくなった。
[PR]
by yuasanoya | 2010-06-20 00:15

/// 温泉力41  湯村温泉の温泉水質測定の結果、アンチエージィング効果を実証 ///

b0145826_1152289.jpg10日、「湯村温泉の温泉水質測定」の結果が、湯村温泉内の町民センターであり、出かけてきました。

b0145826_1161562.jpg温泉水質測定調査は温泉町観光協会と旅館組合、各施設の合意のもと今年2月、湯村温泉にある9カ所の旅館や温泉施設などで実施しました。
調査は湯村温泉に25年も見守っていただいている鳥取大学の吉谷名誉教授(地学)が担当し、水温・PH(水素イオン濃度)・ORP(酸化還元電位差)・電気伝導度などが測られました。
b0145826_1164192.jpg全体説明では「湯村温泉は良好な泉質であり、人体は年を取ると酸化系になる。
湯村温泉は還元性温泉なのでアンチエージング効果があり、弱アルカリで皮膚にもよく、源泉を大切にし、良くメンテナンスを行い、この状態を保ってほしい」と話されました。
b0145826_1191372.jpgまた、湯村温泉は温泉水が肌や健康に良いとされているが、お肌のつるつる感はアルカリ性泉や炭酸水素泉(いずれも湯村温泉成分)に入浴した時に強く感じられます。

湯村温泉に入ると肌の表面を覆う脂肪酸を温泉成分の重曹は洗浄作用で溶かせます。
その脂肪酸と重曹(NaHCO3)のナトリウムイオンが結合し、Na-石鹸(R-COOH-Na)+グリセリンが出来ます。
b0145826_1181069.jpgつまり温泉に入るとナトリウムイオンによる中和反応で、自然と石鹸を作っています。その微量に薄い石鹸膜は、肌の清浄化をしながらつるつるの肌にしているのです。

きれいになった肌は、副産物のグリセリンで覆われ水をはじく美肌になるそうです。またグリセリンは保湿効果があります。

さらに一般的に還元性の温泉は低温のところが多いのに、湯村温泉は高温泉というは珍しく、地学的に説明がつかないとも話されていました。

温泉力-湯村温泉は肌を「つるつる・ピカピカ・ぷるぷる」にするアンチエージィングな温泉です。
[PR]
by yuasanoya | 2010-05-12 01:24

/// 温泉力34 湯村温泉は還元性の温泉、やわ肌をつくる「美人の湯」です。 ///

b0145826_11451491.jpg湯村温泉のお湯は還元性の温泉です。「還元性?なに、それ!どういうこと?、なんか効果があるの?」といわれると思います。
理科の時間に習ったと思いますが、科学的には「原子の形式酸化数が小さくなる化学反応」のこと。

具体的には、「物質から酸素が奪われる反応、あるいは、物質が水素と化合する反応」といわれます。

ますますなんのこっちゃですよね。
つまり酸化の反対なのです。
b0145826_11454217.jpg鉄が錆びると酸化鉄になります、鉄と酸素がくっつくと錆ができます。これが酸化です。

人も実は錆びていっているのです。

人間に必要な酸素なのですが、酸素を取り入れている人間も日々「酸化」しています。人の細胞も当然に鉄と同じように酸化しているのです。

つまり酸化=老化だそうです。

湯村温泉は還元性温泉、酸化の反対ですから老化しにくい温泉なのです。
これってすごくないですか?
温泉に入るだけで・・・、温泉を飲むだけで・・・。活性化します。
b0145826_11463858.jpg2月15日リフレッシュパークゆむらで、「美肌試験モニター」が行われました。

測定・検証にこられた化粧品メーカーの研究者は、「湯村温泉は還元性でメタケイ酸が多いんですよ。この2つに注目しています。」といって、酸化・還元の簡単な実験をしました。
b0145826_11515550.jpg2つのコップに湯村温泉の温泉と水道水を準備して、「うがい薬・イソジンガーグル」を同量入れてかき混ぜるとあっ~ら不思議!!
b0145826_11522199.jpgイソジンの殺菌作用はヨウ素の酸化作用で行っているので、酸化してヨウ素の色がつくのですが、湯村温泉の温泉は黄色くなりません。

つまり、水道水とは違い、湯村の温泉は還元性で中和されたということです。観光協会でもコップに温泉と水道水、その中に釘を入れて放置しておくと湯村の温泉は遥かに錆の発生が少なかった。やっぱり酸化しにくい温泉です。

湯村温泉のお湯は、酸化を遅らせるアンチエージィングな温泉といえるのではないでしょうか。

他にもメタケイ酸は温泉法の3~4倍も入っています。しかもケイ酸は熱水、アルカリに溶けやすいのです。高温・弱アルカリの湯村の温泉にはたっぷり含まれます。

b0145826_11525344.jpgメタケイ酸は天然の保湿成分で、肌の新陳代謝を促進してツルツルにしてくれる美肌成分です。

肌細胞のセラミドは角質層と皮膚との間にある含水の接着剤脂質で、乾燥などから皮膚を守り、健康に保つ役割をしています。メタケイ酸はそのセラミドを整える作用があるのです。

温泉力-湯村の湯は還元性とメタケイ酸で、老化を遅らせセラミドを整え、やわ肌をつくる「美人の湯」です。
[PR]
by yuasanoya | 2009-03-01 00:41