温泉力

ブログトップ

<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

温泉力11 湯村温泉-『温泉美顔スチームパック』がお勧め

b0145826_13181513.jpg温泉力⑩に続いて、湯村温泉は美肌になるについて・・・です。
湯村温泉=『ナトリウム炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩+メタケイ酸

赤ちゃんの肌はみずみずしく引っ付くようなもち肌。
キメの整った美肌を保つ為には、水分や脂を適度に保つ角質層が欠かせません。皮膚の細胞は新陳代謝を繰り返し、やがて垢となってはがれます。
ところが、年をとってくると、この代謝のはたらきが不十分になり、肌はうるおいのない状態になり、カサついてしまいます。

温泉には表皮細胞の角質化を促進する作用があります。
「炭酸水素塩泉」は、肌表面をやわらかくして、古い角質や汚れを落としてくれるので、お肌がふっくらつるつるになります。
「硫酸塩泉」にも同じような作用がありますが、さらに他の成分と結びつくことで、肌の弾力やハリを高めてくれるうれしい温泉です。
「塩化物泉」も、塩分が肌表面に被膜をつくり、保温効果と同時に「保湿のヴェール」となり、お肌がしっとりします。
湯村温泉の泉質名は『ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉』でお肌に良い3つの泉質が含まれています。

他に美肌の湯として「硫黄泉」は、解毒・殺菌作用があり、デトックスが期待できると同時に、メラニンの代謝を促進してくれるので、シミ・くすみに効き、美白の湯です。
「二酸化炭素泉」は、血行促進作用でデトックスが期待でき、むくみも解消してスッキリします。

さらに美肌を追及する人は・・・メタケイ酸に注目。
このメタケイ酸により角質化が促進されて滑らかな肌になるのです!
湯村温泉はこの成分がタップリ192mg(温泉法50mg以上)で約4倍。


b0145826_13221167.jpgメタケイ酸はミネラルの重要な基礎的要素であり、毛髪や爪を強くする働きがあるのに加え、コラーゲンの生成を助け、皮膚の老化を遅らせる働きをもちます。女性に嬉しい、美肌効果やうるおい効果を実現させ、皮膚の持つみずみずしさを保つ成分なのです。肌の水分や脂を適度に保つだけでなく表皮細胞の角質化を促進し、肌のセラミドを整える作用が期待できるとされています。カサつく肌をなめらかにするのが、温泉のうるおい成分のメタケイ酸なのです。

また、免疫システムの活性化、細胞組織の修復に役立つ抗酸化作用、動脈の弾力性を拡大することによる心疾患や動脈硬化のリスク低減などがあげられます。あらゆる意味で人体に多大なメリットをもたらします。胃薬制酸剤のパンシロン240mg、キャベジン540mg、タケダ胃腸薬750mg、ガストール900mgのメタケイ酸が含まれていて、胃粘膜を修復する効果があるため胃薬にも使われている成分です。同じように痛んだ肌も修復してくれます。

顔色が悪い、お肌がくすみがちなどの悩みの方には、鮮度の高い温泉湯口から桶で温泉をためて、タオルを絞って顔にあてる『温泉美顔スチームパック』がお勧めです。温まった皮膚は毛穴を広げ、重曹で汚れや余分な油分を取り除き、ふっくらつやつやの肌、弾力やはりを高め、保湿でしっとりとしてくれます。

温泉力-湯村温泉はメタケイ酸タップリ192mg『温泉美顔スチームパック』がお勧めです。
[PR]
by yuasanoya | 2007-08-09 22:25 | 温泉力

温泉力10 湯村温泉-メタケイ酸192mgのパワー しっとりとキメ細かい肌をつくる天然の化粧水

b0145826_13253669.jpg1948年に制定された温泉法で改めて、温泉の定義を調べてみると
「温泉」とは、地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭水化物を主成分とする天然ガスを除く)で、下の表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。
① 湧出時の温度が25℃以上
② 温泉1kg中に下記にあるいずれかの成分を含む。
③ 温泉の中で特に治療効果が期待できる温泉を「療養泉」と呼ぶ。 とあります。

溶存物質 1,000mg以上
遊離炭酸 250mg以上
リチウムイオン 1mg以上
ストロンチウムイオン 10mg以上
バリウムイオン 5mg以上
フェロまたはフェリイオン 10mg以上
第1マンガンイオン 10mg以上
水素イオン 1mg以上
臭素イオン 5mg以上
ヨウ素イオン 1mg以上
フッ素イオン 2mg以上
ヒドロひ酸イオン 1.3mg以上
メタ亜ひ酸 1mg以上
総硫黄 1mg以上
メタホウ酸 5mg以上
メタケイ酸 50mg以上
重炭酸ソーダ 340mg以上
ラドン 20(100億分の1キユリー単位)以上
ラジウム塩 1億分の1mg以上

昔は自噴する温泉を定義していたのだが、近年の技術の進歩で、地下1.000メートルでも掘る事が出来るようになり、自然に自噴しても、人工的に掘って湧出しても、25度未満の冷泉でも成分があれば沸かしても温泉としてうたうことが出来ます。

湯村温泉はもちろん1200年前から自噴している温泉で、登録されている泉源は49個所、湧出している総温泉量は2.070リットル/1分間(1升瓶で1.150本程)。1日で約3,000㌧(川に流れている温泉含まず)。と正真正銘の温泉です。朝野家の泉源は463リットル/1分間。

温度の高さは日本一なのですが、今回は特に温泉成分の『メタケイ酸』に注目してみましょう。

メタケイ酸は、ほとんどの温泉に含まれている天然の保湿成分です。その効能はお肌の新陳代謝を促進してつるつるにしてくれる美肌成分です。胃の粘膜を修復する目的で胃薬にも使われている成分で、お肌のセラミドを整える作用が期待できます。この含有量が50mg以上なら、美肌に有効。100mg以上なら、強力な“美肌形成のお湯”といえます。

湯村温泉の『メタケイ酸』量はなんと約4倍の192mgもあります。
開湯以来、湯村温泉が「美人の湯」や「美肌の湯」として多くの人に親しまれているのは、美肌効果が抜群のメタケイ酸が豊富に含まれているからなのです!

メタケイ酸には、お湯をとろんとさせる成分が豊富に含ま れているので、 お湯がまろやかで肌触りが良く、肌につややかな潤いを与えてくれます。
しっとりとキメ細かい肌をつくる天然の化粧水で美肌づくりにも適しています。また高齢者向きでよく温まり、長期滞在の湯治にも向いているのです。

朝野家では豊富な自家泉源を客室のお風呂はもちろん、洗面のお湯として利用しています、朝、顔を洗うだけで化粧のりが違うのが実感できます。

温泉力-湯村温泉は豊富な『メタケイ酸』でしっとりとキメ細かい肌をつくる天然の化粧水
[PR]
by yuasanoya | 2007-08-06 22:50 | 温泉力