温泉力

ブログトップ

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

温泉力22 9種類の療養泉-湯村温泉はお得な3種温泉

b0145826_3205431.jpg温泉は地中の中や噴出する経路で色々な岩石や土壌の化学成分が、溶け込んでいます、含まれる成分によって温泉の泉質が決まります。

昭和54年、泉質の中でも医療効果が認められるものを療養泉として、9種類に大別されました。単純泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、硫黄泉、鉄泉、放射能泉、酸性泉です。

湯村温泉はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉と3つの成分が入っているお得な温泉です。それでは湯村温泉の療養泉としての3つそれぞれの効能を紹介します。

炭酸水素塩
なかには重曹泉(炭酸水素ナトリウム)と重炭酸土類泉(カルシウムイオンやマグネシウムイオン)の2つに分けられます、いずれもアルカリ性の泉質です。湯村温泉は重曹泉なので「美人の湯」と呼ばれ肌が滑らかになります。また筋肉痛、関節痛に効果。

塩化物泉
海水のように塩分を含んでおり、皮膚についた塩分は保温膜となり体からの汗蒸発を防ぎます。高齢者向きで、冷え症、不妊症、疲労回復に効果。

硫酸塩泉石膏泉、芒硝泉、苦味泉の3つに分けられます。湯村はナトリウムを含むため芒硝泉で硫酸イオンを多く含み血液中に多くの酸素を送り込む作用があります。このため高血圧、動脈硬化、外傷にも効果があります。

b0145826_3221948.jpg湯村温泉は入浴だけでなく、飲用も出来ます。
飲用の効果は慢性消化器、肥満症、慢性便秘、痛風、慢性胆のう炎、胆石などに効果があります。


温泉力/湯村温泉はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉と3つの成分が入っているお得な温泉です。
[PR]
by yuasanoya | 2008-02-29 14:52 | 温泉力

温泉力21 新薬師湯・天然温泉かけ流し 3/29オープン

b0145826_434750.jpg湯村温泉に新名所外湯「新薬師湯」が3月29日に旧温泉町役場跡地にオープンします
b0145826_445090.jpg現薬師湯は1961年に完成し、1980年に改修が行われ45年経過しています、長い間町民のお風呂として利用されてきましたが、昭和46年豊富な温泉は各家庭に配湯を行い内湯が出来た結果、薬師湯行く人が減少。

男女別の浴室は、円形の浴槽が一つと泡風呂だけのシンプルな構造でタイル張りのレトロな雰囲気が魅力でした。昔ながらの温泉情緒のある風呂は惜しまれながらも取り壊しにあります。跡地は新薬師湯がオープン後、閉館し、今夏ごろミニ公園として生まれ変わる計画です。
b0145826_454520.jpg新薬師湯は正面に唐屋根と薬師堂を模した塔屋を持つ瓦葺の和風建築。
湯村温泉の豊富な温泉を利用し、天然温泉かけ流しの大浴場を始め、露天風呂、サウナ、貸切介助風呂、2階には休憩室などを設備。
隣接地に47台の駐車場(薬師湯利用者2時間まで無料)、温泉玉子を楽しめるイベント広場なども整備されます。

営業時間/午前7:00~午後10:30(入館は10:00まで)
料金/大人400円、小学生以下250円(露天風呂・サウナ含む)
     (回数券10枚つづり大人280円/1枚)
   介助風呂(3名まで 45分) 1室2.500円
休館日/毎月(木・土・日・祝日にあたる時は翌日)

詳しくは湯財産区事務所TEL0796-92-1081

温泉力/嘉祥元年、慈覚大師によって開湯されて1.150年、湯村温泉は今もこんこんと豊富な温泉が湧いてます
[PR]
by yuasanoya | 2008-02-24 00:49 | 温泉力

温泉力20 リフレッシュパークゆむらに手湯が出来ました

b0145826_5122969.jpg昨年11月からリフレッシュパークゆむらに手湯がオープンし好評です。

湯村温泉の豊富な余剰湯を利用し、設備はスタッフの手づくりです。

b0145826_5134036.jpg設置はリフレッシュ館外ですが、軒の雨除け・ベンチもあり一度に4人が手を並べて、おしゃべりしながらゆっくりと利用できちゃいます。

ご利用時間は午前10時から午後7時まで。無料開放です。
b0145826_5144840.jpg人間の血液は1分以内に全身をめぐるため、手から温められた血液が体全体を温めます。
足湯に入っているのと同じくらい効果があり、冷え性の方、生理痛、肩こりなどにいいそうです。
また靴や靴下・パンスト、特に冬時期のブーツなどを脱がなくても簡単に使えるので好評です。
この手湯外に湯村温泉の足湯が2ヵ所あります。
b0145826_515406.jpg中心の荒湯春来川沿に「大根物語 ふれあいの湯」

b0145826_5163329.jpg夢千代館春来川沿に「アオギリの湯」があります。




温泉力/人間の血液は1分以内に全身をめぐる。湯村温泉の豊富な温泉をぜひご体験ください。
[PR]
by yuasanoya | 2008-02-21 01:21 | 温泉力

温泉力19 温泉入浴・飲用・水中歩行で糖尿病に効果

b0145826_5191937.jpg湯村温泉の温泉には、『入浴する』だけでなく、『温泉を飲む』という利用方法、『歩行湯』を併応することで糖尿病にさらに効果があることをご存じでしょうか。

湯村温泉のお湯は飲むことの出来る温泉で(ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉 NaHCO3・Cl・SO4)、飲用・入浴することで・糖尿病・肥満症に効果があります。

入浴法は食事の2時間前に入浴します。高血糖の場合は42度以上の高温泉に入ると血糖値はやや下がる傾向が現れます。少し熱めの湯に5・6分入浴し、上り少し休んでまた入るという方法で2~3回繰り返しサイクル、1日2回ほど入ると効果的です。

また飲泉することで血糖値が下がり、尿酸が減ります、飲むことで肝機能が高まるのでインシュリンの分泌が多くなります。ただ高血圧・腎症の合併症があるときは飲泉は避けてください。

b0145826_5203145.jpg入浴・飲泉と水中歩行を併応すると効果的になります。
湯村温泉のリフレッシュパークゆむらには温泉温水プールがあり、水中歩行教室が開かれています。水中歩行は摂取エネルギーを効率よく消費し、有酸素運動で血圧を下げることが出来ます。水の抵抗で普通の歩行運動より負荷がかかりますが、浮力があるため自体重による腰・膝などの負担は少なくなり効率的な運動です。温水プールですので普通の水中歩行よりもエネルギーを消費します。

糖尿病には湯村温泉のお湯に入り、飲んで、水中歩行することで益々効果が上がります。
[PR]
by yuasanoya | 2008-02-19 01:22 | 温泉力

///温泉力18 温泉の賢い入浴法②とは ///

b0145826_522343.jpg湯村温泉にもお越しになられた温泉療法医会顧問の植田理彦先生は、温泉を科学することを行われており、ツムラのバスクリーンのCMなどにも出演されています。植田先生の温泉の賢い入浴方法の2回目。

*温泉に度が過ぎるほど入らない
温泉に入り肌を真っ赤にして汗がダラダラ流れ出したり、動悸がするほど入るのは度が過ぎています。肌からほんのり汗ばむぐらいで一回出浴します。血液は1分間で体内を1周します。短時間の熱い温泉よりもぬるめの温泉に長く入るほうが芯から温まります。
足湯をしながらがストレッチをするのもいいでしょう。他のお客様に迷惑のかからない程度に・・・。

*1日3回程度を目安に
温泉に来られると欲張って何度も入浴される方がありますが、あまり多いと熱疲労をおこします。

*湯村温泉は上がり湯の必要なし
温泉に入浴すると温泉成分が皮膚の脂肪と引っ付いて皮膜を作り入浴後の保温効果を持ちます。特に湯村温泉は塩化物泉ですから上がり湯をして皮膜を流すと保温効果が薄れます。また、炭酸水素塩泉はアルカリ性で肌が滑らかになります。そのまま上がってください。
b0145826_5233815.jpg*入浴後は肌や髪についた水分をぬぐってください。
入浴後、肌や髪に水分が付いていると、気化熱によって体温が奪われ湯冷めすることがあります。せっかく芯まで温まっても十分乾燥しないと風邪をひくことになります。

*入浴後はたっぷりの水分を
人の体は60%が水分です、入浴によって水分が少なくなると血液濃度が上がります。入浴後はコップ1~2杯の水分補給が必要となります。脳梗塞・心筋梗塞防止にぜひ補給ください。

温泉入浴方法をまもりながら、ゆったりと温泉をお楽しみください。
[PR]
by yuasanoya | 2008-02-06 11:17 | 温泉力

温泉力17 温泉の賢い入浴法①とは

b0145826_5254365.jpg湯村温泉にもお越しになられた温泉療法医会顧問の植田理彦先生は、温泉を科学することを行われており、ツムラのバスクリーンのCMなどにも出演されています。植田先生の「温泉の賢い入浴方法」を2回に分けて紹介します。

b0145826_5264559.jpg*休息してから入浴する
最近は日帰り温泉入浴など2時間以上の車の運転やバスツアーで、来られるときは案外体は同じ姿勢やなれない道に緊張して、心身ともに疲れています。出来れば60分ぐらいの休憩後入浴が望ましいのです。すぐに入ると温度や水圧の変化や刺激で体調を崩す場合があります。食後の入浴も同じです。

*食膳の入浴は短時間に
温泉に入浴すると皮膚の血管が拡張し、胃腸の血管は収縮します。なが風呂をしていると胃腸から皮膚へどんどん血管が流れ込み、内臓は貧血気味になります。食欲はなくなり、せっかくの食事は消化されにくくなります。昼食入浴・延着など場合は短時間で入りましょう。湯村温泉は塩化物泉・炭酸水素塩泉ですので食前に飲むほうが効果があります。

*深酒をされた時はほどよく醒めてから
温泉旅行に来られると地酒や地元の食材とご馳走がいっぱい。ストレス解消と羽目を外して、お酒のメーターが上がるものです、しかし深酒の入浴は事故の元。入浴はお酒が醒めてから、または翌日にお入りください。

*高齢者の入浴は1人・早朝・深夜は避ける人の血液は生理的に早朝・深夜に濃縮されます。この時間に入浴されますと発汗によりさらに血液は固まりやすくなり、脳梗塞、心筋梗塞を起こしやすくなります。入るなら水分を取った上でお入りください。また1人で入られる場合思いがけない事故になる場合があります。床て滑って骨折、のぼせて溺れるなどの無いように仲間とともに入浴することが大切です。

*運動直後、疲労時の入浴は避ける温泉入浴は心身ともに疲労を癒す効果はありますが、運動直後や過労の時はしばらく休息してから入りましょう。温泉に入ることは案外体力を使用します。血液循環や呼吸など平常になってから、ゆったりと温泉をお楽しみください。
[PR]
by yuasanoya | 2008-02-05 01:26 | 温泉力