温泉力

ブログトップ

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

温泉力44 /// 三種の神器と荒湯の洗濯場 ///

b0145826_09816.jpg以前に、話題を呼んだ映画『ALWAYS三丁目の夕日』のDVDの新聞全面広告が載っていた。

日本が、湯村が、これからの高度成長を迎え一番輝いている時である。その中に『三種の神器』という言葉がでてくる。

最近の三種の神器と聞くと「薄型テレビ」、「DVDレコーダー」、「デジタルカメラ」の事を言うらしいが、本来の三種の神器(天皇の位の証(あかし)とされる三種の神器である八咫(やたの)鏡・草薙(くさなぎ)剣・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)になぞらえて、みんなが欲しがる高級耐久消費財から3種を選び、三種の神器と呼ぶようになった。

b0145826_012171.jpg少しづつ遡って行くと三種の神器には、次のようなものがある。
「薄型テレビ」、「DVDレコーダー」、「デジタルカメラ」(現在の三種の神器)
「パソコン」、「携帯電話」、「カーナビ」(平成の三種の神器)
「カラーテレビ」、「クーラー」、「カー(自家用車)」(3Cと言われていた昭和後半)
そして一番最初に『三種の神器』と言われて高価だが憧れだった、「白黒テレビ」、「電気洗濯機」、「電気冷蔵庫」(昭和30年代)を思い出す。

その三種の神器だが、こんな面白い話がある。

b0145826_0122660.jpg子供の頃の湯村温泉では、なぜか「電気洗濯機」の普及だけが遅れていた。

それは荒湯の下に洗濯場があったからだ。洗濯場は足湯前の水路のコンクリートのとこで、早朝や夕方、割烹着を着た主婦が数珠繋ぎに並んで洗濯をしていた。

たらい・洗濯石鹸を持ってきて、洗濯板がわりのコンクリートでゴシゴシと洗濯をしながら、井戸端会議ならぬ川端会議をしていた。

荒湯の洗濯場は温泉が流れて川の水と混ざって冬でも暖かいし、温泉の重層成分で白くなり、ふぁあ~と柔らかくなる。しかも電気代もいらないし、「電気洗濯機」を買うこともいらないのだ。

荒湯の洗濯場ではルールが存在した。
綺麗なものから川上で洗い、汚いものは川下で洗うということだ。(ある程度、年の順番に並ぶルールも存在した?いわいる荒湯洗濯デビュー)つまりハンカチ・ワイシャツなどの白物は上で、赤ちゃんの布オシメは川下で洗っていたのだ。

平成になると洗濯場で洗う人はなくなり、観光のイメージとして撮影されるだけとなった。洗濯機の普及とともに、人と人との触れ合いと湯村の文化ががまた一つなくなった。
[PR]
by yuasanoya | 2010-06-20 00:15

/// 温泉力43 待ち遠しい、2011年・温泉向け低温エネルギー発電 ///

b0145826_23532230.jpg3週間前の5/25日付日経新聞にこんな記事があった。まさしく湯村温泉にぴったりのエコな発電です。

『神鋼・川重 地熱や廃熱で発電 中小工場や温泉向け』の記事が目に入った。

時代はエコで、朝野家も温泉で冷暖房を行っているし、電球も蛍光灯ボール級からLED電球に替える見積り検討中だ。

b0145826_2354129.jpg記事によると神戸製鋼所と川崎重工業がそれぞれ、2011年をメドに、排熱や地熱など未利用の低温エネルギーを使って発電するシステムを発売する。

神鋼は100kW級で川重は230KW級の装置を開発し、温泉施設などが自家発電する。

神戸製鋼は摂氏80~90度程度の温水で発電(低位熱発電)できる装置を2,500万円~3,000万円、電力減少分で3~5年で回収できるという。川重は230kW級で6,000万円~7,000万円程度。

b0145826_2355055.jpg低温エネルギー発電は、50~60度以上の湯の熱で沸点の低いペンタンやアンモニアなどの物質を気化させ、それでタービンを回して発電する方法。

b0145826_23553075.jpg天候に左右されやすい太陽光発電や風ないとが安定的電力が作れない風力発電に比べて、温泉熱を利用する低位熱発電は発電コストも安く、経済的、24時間温泉熱を利用できるので実働稼働は%は新エネルギーの何倍にもなるシステムです。

98度の温度で豊富にある湯村温泉では打って付けのエコエネルギー発電、しかも温度の下がった温泉はそのまま風呂に投入できる。

その小型プラントを湯村温泉に持ってくることが出来れば、ジオエネルギーの活用として山陰海岸ジオパークの見学にも使える。

しかも化石燃料の非利用でCO2も一切発生しない、新エネルギー発電の実験プラントとして最先端の地域になれるでしょう。
[PR]
by yuasanoya | 2010-06-13 01:42 | 温泉力

/// 温泉力42 湯村温泉は15,700キロワットのクリーン発電所 ///

b0145826_12411150.jpg湯村温泉は「山陰海岸ジオパーク」の特色の1つである、豊富な高温泉があります。
まさに、 温泉はクリーンでエコな「ジオエネルギー」です。

先日、山陰海岸ジオパークの学術顧問で鳥取大学の西田教授と坂本さんが、朝野家までお越しいただきご教授頂きました。先生は工学部土木工学科海洋建設工学の教授です。

b0145826_12432911.jpg西田教授によると湯村温泉は、日本海形成と相俟って生まれた湯村断層と照来断層に沿った断裂が交差している所に湧出している。

深層断層が高温の温泉水の湧き出し路になり、「98℃の熱湯が毎分2,300リットル」湧き出ているそうです。

そこで坂本さんが、「荒湯」など温泉全体の1日の総エネルギー量は、電気エネルギーに換算すると、約377.4Mwh(メガワットアワー) となるそうです。

つまり15,700キロワットを供給する発電所に相当するジオエネルギーが荒湯を通じて、地下から供給されています。しかも、石油を使用せず、CO2を排出しないクリーンなエコエネルギーなのです。

b0145826_12504342.jpg
「ジオエネルギーの活用」
○温泉観光として活用(旅館入浴、荒湯周辺散策)
○荒湯での煮炊き行為(ガスを使用せず、CO2排出しない)
○公衆浴場「薬師湯」・温水プールとして活用(石油を使わず、CO2排出しない)
○旅館での冷暖房・空調設備エネルギーとして活用 
○湯区内約500戸に温泉配湯(家庭での台所の温水、洗濯、浴室に活用)

b0145826_12522238.jpg『温泉配湯』のもたらすエネルギー量を、ざっと計算してみますと、湯村地区の温泉配湯は、60℃で送っており、1家庭4人家族で1日約150リットルの消費量だそうですから、500世帯分で約5,232Kwh(5.2Mwh)の電力に相当します。

上記の計算は全て0℃比熱の計算ですから、自然水の持つ温度エネルギーを減算すると、前者が約338Mwhであり、後者が約4.7Mwh程度になると思います。

そして、これが環境に及ぼす影響を考えてみると、消費電力1Kwhに対するCO2発生量が0.39Kgということですから、338Mwhでは約132トン、そして4.7Mwhでは1.8トンのCO2/日発生量を抑制し、クリーンな環境に貢献しているということになります。

b0145826_12452191.jpg
古来より人々は、温泉という自然のもたらすエネルギーを、始め頃は『入浴』ということだけに特化させていたのかもしれませんが、次第にその用途を広げ、活用してきました。

今は、観光への利用も勿論のこと、温泉をクリーンなエコエネルギーとしても位置づけて、さらに発展的に利用の拡大を図ることが肝要です。。!

b0145826_1254273.jpg

「今後のジオエネルギーの活用」
○食糧増産・地産地消(旅館)へのアプローチ(珍種の植物の栽培)
○健康増進・温泉医療(リハビリと癒しの湯)へのアプローチ
○熱水利用発電(熱電素子活用・小型発電機の開発)
○『ジオエネルギー学習館(見学・学習)』の建設(観光にも利用)
などにも利用して、湯村温泉は1,200年前から、クリーンでエコエネルギーを利用していることをジオパークを通じて、世界に情報発信することが大切だと思います。

温泉力-湯村温泉は15,700キロワットのクリーン発電所に相当します。
[PR]
by yuasanoya | 2010-06-09 13:06 | 温泉力