温泉力

ブログトップ

カテゴリ:温泉力( 51 )

/// 石井宏子先生の「湯村温泉・魅力発見セミナー」がはじまります ///

f0112434_13495424.jpg以前5月に温泉町観光協会総会で講演いただいた、温泉ビューティ研究家・石井宏子さんに、湯村温泉の「温泉力」についてご指導、ご協力いただこうと温泉町商工会地域資源∞全国展開事業で「湯村温泉・魅力発見セミナー」がスタートします。

石井さんは温泉と美容の専門家として活躍する「温泉ビューティ研究家」。
温泉が美肌、ダイエット、ストレスケア、デトックス、老化対策など美容分野にどのようなサポートをもたらすかを研究、温泉の新しい魅力を提案して話題となっています。
f0112434_140883.jpg人気雑誌「VERY」の温泉連載や、雑誌、新聞、インターネットなどで執筆、「おもいっきりイイテレビ」や「ソロモン流」などのテレビ、ラジオにも多数出演し、温泉で美と健康を手に入れる「温泉ビューティ」をテーマに全国各地で講演も行っています。

温泉ビューティ―温泉美容力の活用法 温泉でもっと美肌になりましょう (単行本) 石井 宏子 (著) 価格:¥ 1,260

自身のブログに湯村温泉について「入るとまずは、やわらかさとすべすべの感触、これは重曹泉らしさ。さらに、ふわりと肌を包む感覚は硫酸塩泉の特徴、そして、しっかりとあたたまる塩化物泉の恵み。これらが三位一体となってやってくる。幸せなビューティ温泉でした。」と書いてあります。
f0112434_1405895.jpg・温泉とはなにか?・どんな作用があるのか?・お勧めの入浴法・温泉分析書の解読法・湯村温泉の魅力は?など湯村温泉がすすめている「温泉力」をわかりやすくお話しいただく予定です。

湯村温泉が身近にありすぎて地域の宝に気付かない。知っているようでわからないこと、もっと深く知るために基礎編・応用編をお話しいただきます。基礎編は7/28日、29日の2回。応用編は9月に予定しています。

「観光」の語源は2.000年前の中国儒教の古典「易経」に記された「観国之光」=「地域のすぐれたものを観る」です。湯村温泉のすぐれたもの=温泉、つまり、観光=温泉なんです。
[PR]
by yuasanoya | 2009-06-01 01:46 | 温泉力

/// 温泉力37 湯村温泉は入浴するとつるつるになり、水をはじく美肌に ///

b0145826_1238576.jpg湯村温泉に25年も見守っていただいている鳥取大学の吉谷名誉教授(地学)から湯村温泉『美人の湯』の秘密をお聞きしました。

お肌のつるつる感はアルカリ性泉や炭酸水素泉(いずれも湯村温泉成分)に入浴した時に強く感じられます。
b0145826_12394088.jpg一般的に「つるつる感」は石鹸と類似感があり、市販の石けんの多くは油脂に強アルカリを加え加水分解させますとグリセリンと脂肪酸ナトリウムに分解されます。

この脂肪酸ナトリウムが私達が日ごろ使っている石鹸です。またグリセリンは保湿効果があります。

これと同じように湯村温泉は、知らない間に石鹸が出来るのです。

一般の石鹸作りとは異なり、強アルカリも過熱も必要ないのです。
肌の表面を覆う脂肪酸を温泉成分の重曹は洗浄作用で溶かせます。
その脂肪酸と重曹(NaHCO3)のナトリウムイオンが結合します。

脂肪酸(R-COOH)+Na+ ⇒ Na-石鹸(R-COOH-Na)+グリセリン

つまり温泉に入るとナトリウムイオンによる中和反応で、自然と石鹸を作っています。

その微量に薄い石鹸膜は、肌の清浄化をしながらつるつるの肌にしているのです。きれいになった肌は、副産物のグリセリンで覆われ水をはじく美肌になるそうです。
b0145826_1240954.jpg温泉に入り肌を見ると、石鹸形成中の浸透膜で、肌についた温泉が広がります。

柔らかくなった肌を二~三度、手のひらでなでると、石鹸膜は汚れた皮脂や角質と一緒に取れてしまいます。
b0145826_12403256.jpg再度、温泉につけると今度、肌は綺麗になってグリセリンは水分をはじくのです。

これが湯村温泉美肌の秘密です。

また一般的に還元性の温泉は低温のところが多いのに、湯村温泉は高温泉というは珍しく、地学的に説明がつかないとも話されていました。

温泉力-湯村温泉は薄い石鹸膜で、肌の清浄化をしながらつるつるの肌になります。

[PR]
by yuasanoya | 2009-05-18 00:37 | 温泉力

/// 温泉力36 湯村温泉はセラミドを整え、肌にうるおいをあたえるぷるぷる湯です ///

b0145826_1233124.jpg湯村温泉の温泉(荒湯下流槽)1キロの中にはメタケイ酸が192.5ミリグラムも入っています。

普通温泉法でいうメタケイ酸は50ミリグラムあればそれだけで温泉とされていて、その約4倍の濃度です。
浜坂53.8mg、七釜53.9mg、城崎29.4mg、三朝80mgと比べるとずば抜けて多いといえます。

このメタケイ酸は表皮のセラミドを整える役割を持っています。
メタケイ酸の多い温泉に入ることは、肌を整え、健康なセラミドによって水分を閉じ込め、うるおいのあるぷるぷる肌を作るのです。
b0145826_12333982.jpg肌には表皮と真皮があり、表皮の一番外側の層が角質層です。

角質層は上部から皮脂膜(スクワラン)、細胞間脂質(セラミド)があり、セラミドは角質細胞間脂質の主成分で、水分を保持し、ほこりや紫外線などの外部刺激から肌を守る働きをします。

肌の保湿にとって一番重要なのは、体の表面を覆っているセラミドなどを整え水分を閉じ込めることが重要です。

また湯村温泉は塩化物の温泉であるため、希薄な塩泉でもあります。
入浴すると塩素イオンはお肌の表面に塩のベールをつくり、毛穴を塞ぎ、体内から熱と水分を発散することができにくくなります。温泉で得た美肌成分や水分をしっかりガードしてくれるのです。

温泉に入っても水分は肌から蒸発しにくく、保水されたままとどまります。つまりいつまでも体内蒸し風呂効果が続くのです。塩化物泉に入ると体がぽかぽかあったまり、湯冷めしないのも特徴です。

温泉力-メタケイ酸たっぷりの湯村温泉は、肌にうるおいをあたえるぷるぷる温泉です。
[PR]
by yuasanoya | 2009-04-04 01:30 | 温泉力

/// 温泉力35 朝風呂のすゝめ 寝ているあいだも、皮脂は分泌されている ///

b0145826_1201748.jpg温泉場に行くと着いてすぐ、深夜に、寝起きに・・・「一っ風呂浴びてくる!」と3回ぐらい入られますよね。

折角、来たんだし普段とは違う大きな風呂で手足を思いっきり伸ばして、「あぁ~あっ、極楽極楽」

しかし、温泉に何回も入りすぎると、体に変調を起こす場合があります。
一般的には「湯あたり」と「湯疲れ」があり、「湯あたり」は湯治などの目的で温泉療養を始めて3日目~7日目くらいの期間に、疲労、倦怠感、嗜眠、頭痛、発熱、食欲不振、めまい、不安感などを覚える症状です。

これは一時的なもので、湯あたりを乗り越えると温泉に体が慣れてきて、調子もよくなり療養が進みます。

「湯疲れ」は長時間のドライブや日ごろのストレスで体が疲れているのに、直ぐ温泉へ入ってのぼせてしまい、吐き気がして脱水症状を起こしたりすることで、倦怠感を覚えることもあります。

個人差によっても違いますので、到着後ゆっくりして、最初はあまり長湯をせず,入浴回数も控えめにして体をゆっくり温泉に慣らしてゆけば心配は要りません。
b0145826_121398.jpg温泉地で過ごす醍醐味は、なんといっても“朝風呂”でしょう~。

「おはらしょうすけさん、なんで身上潰した。」

「朝寝、朝酒、朝湯が大好きで、そーれで身上つーぶした。」

「あー、もっともだぁ、もっともだぁ。」

身上つーぶさなくても、温泉旅館ではすべて出来るんです。

朝湯はしかも美容にいいんです。
b0145826_1222024.jpg人間の体は寝ている間には、新陳代謝が抑えているのですが、友人の皮膚科先生は「寝ているあいだも、皮脂は分泌されていますし、日常とは違う環境で夜更かしや深酒をして、肌は乾燥します。そのまま寝てたり、ちゃんと洗顔しないと徐々に酸化して、肌の老化の原因になるんですよ」と言ってます。

「さらに皮脂の分泌が多い人は、肌に残った皮脂が詰まってニキビのように毛穴を開きます。その油脂は徐々に酸化して黒ずむようになり、肌はくすんで見えます」b0145826_1234682.jpg
そこで湯村温泉・朝風呂のすゝめ!!
新陳代謝を上げるためには温泉が最適、朝の日を浴びながら目もシャキッと体もシャキッとします。

ゆっくりと入ると風呂蒸気で顔だけでなく、マイナスイオンの全身スチーム美顔器の中、しかも温泉成分のクレンジング作用で、肌の古い角質を落として、お肌がスベスベつるつるになります。

さらに美人の湯にふさわしく、潤い補給のできる化粧水のような作用が期待でき、肌の水分や脂を適度に保つだけでなく表皮細胞の角質化を促進し、肌のセラミドを整える作用が期待できます。

カサつく肌をなめらかする、うるおい成分のメタケイ酸が温泉法基準値の約4倍も入っているのです。

朝風呂に入ると肌はツルツルきめ細やかに、血行は良くなり、黒ずんだ肌は輝きを増しピンクに。やわ肌を取り戻せます。

温泉力-湯村温泉の朝風呂に入ると肌が整い、やわ肌が取り戻せます。

[PR]
by yuasanoya | 2009-03-10 00:57 | 温泉力

温泉力33 /// 温泉力がぎゅっと詰まった湯村温泉ミスト「湯顔(ゆがお)」 ///

b0145826_12502881.jpg「湯顔-夢千代さんのような美人になれるかも!? 」

肌にしみこむ湯村の温泉は天然の化粧水。湯あがりのしっとりとした肌にふれると、幸せな気分になりますね。

そんな温泉水を100パーセント使ったミスト化粧水が、美人の湯として名高い兵庫県の湯村温泉で誕生しました。
b0145826_12512946.jpg湯村温泉若女将(わかおかみ)の会「ゆむらなでしこ」がプロデュースした温泉水ミストで、名前は「湯顔(ゆがお)」。

湯村の温泉100%源泉を滅菌処理し、携行スプレー缶に詰めました。添加物は一切なしだから、赤ちゃんやペットにも使用していただけます。1,260円(税込 80g)
 
1250年前から利用されてきた本物・湯村温泉の『温泉力』のみ!!

お風呂あがりに、お化粧前に、シュッとひと吹きするだけで温泉効果が得られる、美肌づくりの頼もしい味方。「せめて顔だけでも温泉気分にひたりたい」という皆さんにもおすすめです。
b0145826_12521946.jpg湯村温泉の泉質は『ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉』弱アルカリ泉です。

ナトリウム-炭酸水素塩泉は、クレンジング作用で肌の古い角質を落として、お肌がスベスベつるつるになります。

硫酸塩泉は潤い補給のできる化粧水のような作用が期待でき、美人の湯と呼ばれるのにふさわしい2つの温泉成分が含まれています。

しかも肌の水分や脂を適度に保つだけでなく表皮細胞の角質化を促進し、肌のセラミドを整える作用が期待できるとされ、カサつく肌をなめらかするうるおい成分のメタケイ酸が温泉法基準値の約4倍も入っているのです。

「湯顔」は、その温泉力がぎゅっと詰まったミストですから期待できそうですね。
湯村温泉は、吉永小百合さんが主演したドラマ『夢千代日記』の舞台としても有名で、「夢千代さんのような美人になれるかも」と、温泉水ミストを買い求める人もおられます。
[PR]
by yuasanoya | 2009-01-05 12:58 | 温泉力

温泉力32 /// 温泉で冷房も暖房も 朝野家ECOの取り組み ///

b0145826_1135053.gif夏に30度近くとなると、外を歩くと汗が噴出してしまいます。こんな時期は冷房が欠かせませんが、朝野家では何と冷房にも温泉を利用しているのです。(嘘のような話ですが、20年ぐらい前から利用されています。)
b0145826_1147522.jpg湯村温泉の泉源数は、49個所、湧出している総温泉量は2.070㍑/1分間(1升瓶で1.150本程)。1日で約3,000㌧(川に流れている温泉含まず)。この豊富な高温泉は温泉利用施設や各旅館・民宿で利用されていますが、温泉の温度が高いため風呂などの温泉だけでなく、温泉の熱源自体も利用しているのです。朝野家の泉源は温度が98.4度以上あります。その温泉をタンクに蓄え、熱交換器で熱だけを取り出すのです。

熱交換器とは、隔壁を通じて2つの流体間で熱の授受を行わせて、加熱、蒸発、冷却、凝縮などの用途に使用されるものです。湯村の場合は温泉の温度が高いためにプレート式かコイル式が利用されます。

つまり高い温泉の中に車のラジエターのようなフィン付パイプを入れて、パイプ内の水を温めるのです。暖められた温水は館内を回り、ファイコイル暖房機の扇風機で風を送って、暖房に使用します。(暖房のためのボイラーがありません)
また夏はその温水を吸収式冷凍機(80℃あれば可)を使用して、冷房に使うのです。

「えぇ~温泉で冷房?」とよく言われるのですが、吸収式冷凍機を利用し、温水温度が高ければ高いほど効率の良い冷房になるのです。(冷蔵庫の中と外側の温度の関係と同じ)
つまり温泉を利用しての冷暖房はCO2を発生しない、地球にやさしいECOで、朝野家は天賦の温泉を大切に大切に利用しているのです。

さらに熱交換によって温度の下がった温泉(65℃ぐらい)は風呂に利用されます。風呂掃除をした後、適温になるよう少し水を加え、適温になりましたら、温泉をかけ流して温度調整をしています。

b0145826_11491062.jpgまた湯船が大きいとかけ流しだけでは湯船の上と下の温度差がおきたり、各四隅の温度や中央の温度の差がおきてしまいます。さらに湯村のお湯は無色透明のため、人体老廃物やタオルの糸などが汚れとして湯船の四隅に残りますので、温度差解消・汚れ取りの目的で循環ろ過もさせていただいております。

温泉はペーハー7.28の弱アルカリ泉で肌にやさしく、あがり湯の必要はありません。湯上り後はさらっとし、何時までも体の身からぽかぽか、肌はつるつるします。ぜひお試しください。
[PR]
by yuasanoya | 2008-09-15 11:56 | 温泉力

/// 温泉力31 湯村温泉は1日3.000トン 源泉数49ヶ所 ///

b0145826_17371178.jpg湯村温泉は今からおよそ1.150年前、慈覚(じかく)大師によって開発された古い温泉で、開湯このかた、泉量・泉質ともに少しの衰えもみせず、豊富に湧き出ています。

さらに住所は新温泉町湯(かなり古い温泉ですが、合併で新温泉町となりました)というぐらいに温泉の恩恵を受けた温泉地で町内553世帯には温泉の配湯が行なわれています。城下町や門前町があるように温泉を中心に発展してきた湯村は「湯前町」といえます。

温泉街の中心部にある元湯は荒湯(あらゆ)とよばれ、湯村温泉の源泉で温度98度(470㍑/1分間)、あふれたお湯は春来川に流れ、もうもうと湯煙を上げています。
b0145826_17375162.jpg温泉はペーハー7.28の弱アルカリ泉で肌にやさしく、あがり湯の必要はありません。湯上り後はさらっとし、何時までも体の身からぽかぽか、肌はつるつるします。ぜひお試しください。

泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物硫酸塩泉(低張性・中性・高温泉)で浴用利用では神経痛・冷え症・きりきず・慢性婦人病。飲用利用では慢性消化器病・慢性便秘・痛風・肥満症に効果があります。

現在、環境庁に登録されている温泉の泉源数は約25,500で、実際に利用されている泉源は約3,850ヶ所です。湯村温泉内の登録泉源数は、大口泉源19ヶ所、小口泉源30ケ所で合計49ヶ所(全国利用泉源の1.3%が湯村にあります。)。

湧出している総温泉量は2.070㍑/1分間(牛乳1㍑パックで2.070本程)。1日で約3,000㌧(牛乳1㍑パックで300万本程)となります。(川に流れている温泉含まず)

この天賦の温泉は旅館やリフレッシュ館で冷・暖房に利用されたり、朝食時の荒湯豆腐に利用、家庭のお風呂は毎日温泉にはいることが出来ます。

うどん屋さんは麺を温泉でゆがき、理・美容店は温泉で洗髪をしていることをご存知の方は相当な湯村温泉マニアといえるでしょう。
[PR]
by yuasanoya | 2008-09-05 17:38 | 温泉力

/// 温泉力30 荒湯の湯つぼは使い分けるのが湯村スタイル ///

b0145826_20522220.jpg湯村温泉の荒湯には5つの湯つぼがあります。

「慈覚大師座像下の湯つぼ」「かみの湯つぼ」「なかの湯つぼ」「しもの湯つぼ」「したの湯つぼ」です。

b0145826_20524612.jpg名前は春来川の川上から「かみ」「なか」「しも」としています。

温泉はまちの宝、変化をいち早く知るために、温泉町観光協会では毎日同時間に、この3つの湯つぼの温度・湯量を測っています。

5つの湯つぼは利用目的によって使い分けるのが、湯村スタイルです。

b0145826_20535241.jpg-慈覚大師座像下の湯つぼ-
湯村温泉の開湯者・慈覚大師の座像下にも湯つぼがあります。

ここには手長柄杓やじょうごがあり、湯たんぽや飲み湯に利用されています。
b0145826_20542051.jpg-しもの湯つぼ-
湯の流れから一番の元湯で、特に温度が高い、昔はここでカニなどを湯がいていましたが、ゆで汁などで濁るため今はしたの湯つぼを利用することになりました。

温度が高いため四方に柵を巡らせて、今はシンボル的に湯の沸くのを見るのが中心となりました。(98度~92度ぐらい)

b0145826_20545014.jpg-なかの湯つぼ-
地元の人も観光客に一番利用されています。玉子やトウモロコシ(真空パック)など湯がいている写真はここでとられています。

固ゆで玉子で15分ぐらい、外気温にも左右されますが、「しもの湯つぼ」よりも約2度ぐらい低いです。(96度~90度ぐらい)

b0145826_2115735.jpg-かみの湯つぼ-
ここは「なかの湯つぼ」よりさらに2度ほど低く、(94度~88度ぐらい)、固ゆで玉子なら20分かかります。15分なら半熟になります。


b0145826_20554090.jpg-したの湯つぼ-

下から湧き出る湯と上の4つの湯つぼから流れた湯を利用しています。

おもに山菜やカニなどのゆで汁やアクの出るものはここでゆがきます。
b0145826_20555945.jpgちょうどわらびを湯がいてました。

*湯村温泉の荒湯は誰でも、何時でも無料で使用できる温泉です。

しかし大変な高温ですのでくれぐれも火傷などにご注意ください。

また年に数度清掃作業をしますと、トレビの泉のようにコインが投げ込まれていることがあります、コインは長時間温泉水に放置しますと10円のような銅貨の緑青化や1円のアルミ貨は腐食しますのでご遠慮ください。

[PR]
by yuasanoya | 2008-07-11 01:27 | 温泉力

/// 温泉力29 温泉の美容力④ お肌しっとり!保湿&保温の湯 ///

(財)日本温泉協会の雑誌「温泉3月号」に石井宏子さん(温泉ビューティ研究家)の『温泉の美容力』の記事がありましたので、湯村温泉の泉質は『ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉』です。この3つの成分を掘り下げて、湯村温泉に関係するところを抜粋掲載します。

◎お肌しっとり!保湿&保温の湯
b0145826_2056695.jpg・塩化物泉 乾燥、カサカサ、シワ、冷え・・・。こんな言葉が気になる肌におすすめなのは、塩の働きで保温、保湿が期待できる塩化物泉です。湯あがりの直後はお肌がしっとり、ふっくらしているのだけれど、しばらくすると、乾燥してきてカサカサしてしまった。

 美肌の湯って書いてあったのに、おかしいわ・・・。なんていう経験をした方もいらっしゃるかもしれません。また、寒くなってくると、お肌が乾燥してかゆくなって大変、とか、冷え性ぎみで、体も顔もいつも冷たくて顔色がさえない。乾燥して小じわが気になる。そんな方におすすめしたいいのは、「塩」のパワーの温泉です。

 塩化物泉は、温泉に含まれる塩の成分が皮膚表面にある皮脂やたんぱく質などと結びついて「塩被膜」を形成します。その塩被膜が薄いヴェールのように肌を包み、肌の水分や熱を逃げにくくしてくれますので、湯あがり後も「しっとり」「ほかほか」が持続する「保温&保湿」作用が期待できます。
 
 塩の温泉は、通称「熱の湯」ともよばれるほどあたたまり効果が高く、皮膚温度の上昇や発汗促進作用が期待できます。また、塩被膜作用で湯あがり後もポカポカが持続しますので温泉で体の芯まであたためられることによるエネルギー消費の持続時間も長くなるということで、冷え性やダイエットをしたいと思っている方やメタボリックシンドロームが気になる方にもおすすめしたい温泉です。

温泉力/湯村温泉の塩化物泉はお肌しっとり!保湿&保温と冷え性やダイエットにもおすすめです。
[PR]
by yuasanoya | 2008-04-20 13:56 | 温泉力

/// 温泉力28 薬師湯オープン 源泉かけ流し・全館冷暖房温泉利用 ///

湯村温泉のランドマーク『薬師湯』がオープンしました。オープンの模様は観光協会事業部員の0007onsenさんのブログに詳しく載っていますので、ご覧ください。オープンセレモニーには多くの方にお越しいただき盛大に行われました。
観光協会は甘酒プレゼント、湯財産区は荒湯玉子プレゼントをさせていただきました。
また温泉町商工会特産振興会・婦人会などが くまの芋(山芋)の焼酎などの特産品の販売も行われました。b0145826_1748781.jpg
賑やかな昼間と違いオープン日(29日)の終了時間間際の薬師湯です。湯村温泉の豊富湯量を利用し、館内は冷房・暖房も温泉、床も2階の畳も温泉暖房、風呂はすべて源泉かけ流しです。ぜひ濃い~ぃ湯村の温泉をお楽しみください。

暗闇の中に浮かぶ『薬師湯』は、早くも堂々とした湯村温泉の顔でした。

初日を終えてほっとしたような暖かさを持っています。これから何十年のスタートです。
b0145826_17502611.jpg夢千代橋のライトアップと続いて、輝いています。


温泉力28 薬師湯オープン館内はすべて源泉かけ流し、湯村温泉は本物。
[PR]
by yuasanoya | 2008-04-01 01:04 | 温泉力